今、医療・介護の現場で取り入れられている

メディカルアロマテラピーを学びませんか?

アロマテラピーには、薬理効果を持つ精油を用いて、体の内側から不調の軽減に働きかける力があります。

こうした精油の香り・薬理効果が心と身体に影響を与える力に注目し、統合医療に役立てようと

医療・福祉現場で導入が進んでいるのが「メディカルアロマテラピー」なのです。

 

ヨーロッパでは昔からハーブがとても身近な存在で、人々の暮らしに寄り添ってきました。

特にフランスやベルギーでは、代替・補完医療としてのメディカルアロマテラピーの活用が活発です。

 

メディカルアロマセラピーでは、香りが脳に伝わり人の心に作用する仕組みを活用しています。

その仕組みは科学的にも解明されており、香りの癒し効果と精油の薬理効果は身体の不調に有効に働きます。

日本では西洋医学を補完する代替医療としてメディカルアロマテラピーの導入が進んでいます。

また、治療だけでなく統合医療の観点から、疾病の予防や健康増進に役立たせることを目指しています。

一般社団法人アロマティックメディスン協会認定校

​当スクールは、医療従事者がアドバイザーを務める一般社団法人アロマティックメディスン協会に所属しています。

高品質なエッセンシャルオイルを使うことを前提とした、正しい知識と使用方法を学ぶ組織として設立された

同協会のカリキュラムのもと、医療や福祉の現場で実践できる「正しいメディカルアロマテラピー」

の知識を習得できるコースをご用意しています。講座は全て協会理事を務める認定講師が担当します。

ぜひこの機会に実践的な「メディカルアロマテラピー」を学んでみませんか。

各コースを修了した方にはディプロマを発行、ご希望の方にはサロン開業サポートをさせていただきます。

​詳細は各コースのカリキュラムをご覧の上、お問い合わせ・お申し込みください。